パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)に必要なコンピュータの知識


パソコン検定試験(P検)に必要なコンピュータの知識、これは簡単に言えばパソコンの各装置の名前とかインターフェイス、ファイルの種類や文字コード、情報化社会についての事とか。


また知らない言葉が出てきた…インターフェイスって?それに情報化社会ってなんだかすごく難しそうに聞こえるけど…。


まーまーまー。ゆっくり説明するから!まずパソコンの各装置の名前はなんとなくイメージはつくよね?基本的なもので言えばマウスとかキーボード、プリンタとかモニターなど。


分かります!そんな名前を知っていればいいんですか?じゃあ簡単ですね!


もちろん、受験する級が上になれば、プリンタの種類とか印刷の種類、モニターも解像度や表示規格、数あるメディアの種類や規格、もちろんパソコン内部のCPUやメモリ、ハードディスク等々…でも順に覚えていけばね!


なんか一気に難しい言葉がでてきた…やっぱり、難しそうですね…


そんなことないって!最初は名前から。その後種類や規格って順に覚えてく。学校の勉強と一緒だから! これは、会社とか関係なしに覚えておくと私生活でパソコンを扱うのに凄く役に立つ知識なんだよ!今はデジカメで写真を撮ってパソコンで加工、保存したり、ビデオカメラで撮影した動画をDVDに焼いたり、他にもブログを書いたり、メールもインターネットも。 このコンピューターの知識があると人より数段色んな事ができるんだ!


そんなに違うの?


まず、デジカメで写真を撮る・ビデオカメラで動画を撮る時。 写真や動画を撮ったらパソコンにそのデータを入れるでしょ。その時点で「コンピュータに関する知識」があればパソコンにデータを入れるときに問題が起きても対処ができるんだ。


どうして?今ってデジカメやビデオカメラをパソコンに繋げば簡単にパソコンに取り込めるますよ。


たしかにそうだけど、それは問題がなければでしょ?例えばデジカメとパソコンを繋いでもデータが取り込めなかった…そんな時にちょっと知識があるだけで自分で対処できる!そもそもどうやってパソコンとデジカメを繋ぐかわからない人だっているでしょ。それも「インターフェイス」をわかっていれば問題ない!


なにそれ?インターフェイス?


「インターフェイス」っていうのは、デスクトップパソコンなら普通は本体の裏側、ノートパソコンだと側面に線がさせる穴があるでしょ?色んな種類の大きさの線を挿す穴のこと。


ただ、その穴を知っていればいいだけの事でしょ?


たしかにそうだけど、パソコンにはかなりの種類の穴がある。大きさや形が違う穴がね。その穴が何を繋ぐ穴なのか知っていると、便利だよ!プリンタ、モニター、デジカメ、ビデオカメラ、音楽プレイヤーなどいざ繋ぐって時に迷わないでしょ!


そうですね!実際、どうやって繋いでいいのかわからないってよく聞きますよね!


繋ぎました。取り込みました。この後は、やっぱり写真や動画を加工したりCDやDVDに焼いて友達や家族に見せたり、インターネットで公開したり… ここで、写真や動画の種類がなんなのか…いわゆるファイルの種類だね。これを知ってれいば写真や動画を綺麗に保つ加工方法もわかるし、メディア(CDやDVD)の事がわかっていれば迷わずどんなメディア焼けばいいのかわかるし、インターネットに公開するにも、よく問題が起きる文字コードの問題も文字コードの事を少し知っているだけで対処できる。文字コードを知っていると、インターネットでもメールでも活用する知識だからね。


なんか、、、凄いですね!コンピュータに関する知識って部分を勉強するだけで色んな事ができるんですね!


そうだね!あと「OS」に関する知識がそろえば私生活でパソコンを使うには十分な知識が手に入るよ!


前に言っていたオペレーティングシステムの事ですね?


よく覚えていたね!一般的にWindows、MAC OS、Linuxの3種をよく聞くかな?そして「OSに関する知識」ではWindowsを操作する上での知識、いわゆるWindowsの基本操作方法やいろんな設定方法を知っていれば私生活では困ることないよ!だから、パソコン検定試験(P検)を目指さなくてもパソコン検定試験(P検)の勉強はこれからの生活に大いに役立つよ!


一般的なソフトウェアとは ≫ パソコン検定試験(P検)に必要なコンピュータの知識 ≫ OSに関する知識

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方