パソコン検定試験(P検)

一般的なソフトウェアとは


一般的なソフトウェアの操作、これは一般的なソフトウェアとなっているけどパソコン検定試験(P検)では前回言ったMicrosoft Officeの操作を見るんだ。普通に考えて一般的なソフトウェアというと、音楽再生ソフトとか画像編集ソフト、DVDを見たりするソフトとかを思い浮かべるけど、無数にあるソフトの使いかたを試すわけにはいかないからね。


それは分かります!ExcelとWordでしょ?


うん!それとPowerPointもね!


PowerPointって?どんなソフト?


PowerPointって言うのは、「プレゼンテーションソフト」て言って、例えば会社で企画の説明とか、新商品の発表とかするときに、みんなにより簡潔にそしてわかりやすくポイントだけを伝えるための資料を作るソフトって感じかな?


学校で言えば、先生が授業で使うプリントみたいな感じですか?


そうそう!そのPowerPointを含む3種類(Excel、Word、PowerPoint)のソフトの使い方(基本機能)が分かっている事がまず「一般的なソフトウェア」にあたるんだ。


基本機能?3つのソフトをどれぐらいのレベルで使えればいいの?


各ソフトの詳細と、どれぐらいのレベルっていうのは受験する級でも変わるからあとで説明するね。


3つもソフトを覚えるのって大変そう…他にも覚えることがたくさんありそうなのに。


大丈夫だよ!順に5級から勉強していけば知識も技術もみんな身につくから!


ICTスキル ≫ 一般的なソフトウェアとは ≫ パソコン検定試験(P検)に必要なコンピュータの知識

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方