パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)の活用方法と効果


さて、パソコン検定試験(P検)の各内容を一通り話したけど、実際にパソコン検定試験(P検)を取って実際にその知識や技術を活用しないと意味がない。 だからパソコン検定試験(P検)の活用方法と効果を話そうかな。


活用方法?パソコン検定試験(P検)を持っていれば入試とか就職に有利って事じゃないんですか?


たしかにそれが1番だね!1番の活用方法は就職や進学での活用、履歴書に書くってことだね。対企業ではかなりの武器になるね。 ほかにもパソコン検定試験(P検)を持っている事によって他にも自分にとって得することや役に立つことはたくさんあるんだ。会社で同僚や他の社員の中で有名人に慣れるのはもちろん、自分がパソコンに関する知識を持っているから最新のIT情報やコンピュータに関するニュースなどが理解しやすいんだ。 最新のIT事情がわかると自分の知識が飛躍的に上がる上に、パソコン操作に関する応用力などもどんどん増える。それに、なによりパソコン検定試験(P検)の試験勉強がそのまま他の試験にも繋がっているから他の資格が取りやすいんだ!


他の資格?


うん、パソコン検定試験(P検)の中でOfficeアプリケーションの操作方法のテストがあったでしょ。そのOfficeアプリケーション個別の資格が簡単に取れるんだ。


前に言っていたマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とMCASの事でしょ?


そうそう。これも一緒に取れば就職では鬼に金棒状態だよ!
会社でOfficeのソフトをある程度使っていて基本的な操作方法を知っているなら、パソコン検定試験(P検)を受験するのと一緒のタイミングでMOSかMCASを受けてしまうのがおススメだね!


それって勉強が多くなるから大変じゃないですか?パソコン検定試験(P検)だけでも勉強する範囲が多いんだし・・


だから、会社とかでOfficeのソフトをある程度使っていて基本的な操作方法を知っていればって言ったでしょ。
簡単に説明するけど、MOSはマイクロソフト オフィスス ペシャリストの略で資格はアプリケーション別でわかれている。
WordのMOSやExcelのMOSといった感じでアプリごとで資格がわかれているんだ。
そしてMOSのWordとExcelではレベルで「スペシャリスト」と「エキスパート」に分かれていて「スペシャリスト」は普通、「エキスパート」は上級って思ってもらえばいいよ。
そのスペシャリストはアプリケーションの基本操作が出来れば合格出来ちゃうんだ。MCASって言うのはMOSの2007バージョンの資格で、MOSのスペシャリストとエキスパートの間ぐらいのレベル。
だから日常、仕事で使っているなら同じタイミングで試験を受けちゃえばパソコン検定試験(P検)もMOS(MCAS)も簡単に取れるんだ。
MOS(MCAS)を勉強してパソコン検定試験(P検)を勉強すればパソコン検定試験(P検)のアプリケーションの部分の問題はサービス問題になるよ!


家で、ちょっと触っているぐらいだと厳しいの?


簡単にいじる程度だと若干わからない機能とかあるから、多少勉強しないと危ないかな。でも難しくないから勉強時間もそんなにかからないよ!


そんなに簡単なの?実際受けたら「難しい!」ってなりそうですね・・・。スペシャリストって名前がついているぐらいだから。


一回、「マイクロオフィス スペシャリスト」をネットで調べてごらん。試験範囲をみれば納得すると思うよ。


インストラクター ≫ パソコン検定試験(P検)の活用方法と効果 ≫ パソコン検定試験(P検)受験体験談

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方