パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)準2級


さて、とうとう今回から準2級。ここからは「一般的にパソコンが使える」レベルを抜けて「会社で業務をするうえで人から頼られるような立場レベル」の資格なんだ。正確には「企業の部門におけるリーダーの補佐」が出来る程度のレベル。しかも部署内の情報環境が整えられるレベルでもある必要があるんだ。そしてネットワーク接続されたパソコンで社内業務を応用的に進められるスキルがある、これが「パソコン検定試験(P検)準2級」のレベルなんだ。


前回の3級が「一人前」レベルで、1個上がっただけでそんなにスキルがあがるんですか?なんだかすごく難しそうで、3級レベルから1歩も2歩も進んだイメージがあるんだけど…。


そのイメージ、間違ってないよ!準2級ではネットワークの事はもちろん、コンピューターの知識もソフトの扱いもみんな知っていて他の人に聞かれても答えられるぐらいのレベルが要求されるんだ。もちろん社内で作る資料や業務はなんでもこなせるって感じだね。準2級合格者はタイピングも正確に大量にタイプで来て、ExcelやWordはMicrosoft Office Specialist 標準レベル保持者と同等のスキルがあると言っても過言じゃないからね!


そうなんですか?!そんなに一気に上級者になるんだ…すごく難しそうですね…。


難しいかもしれないけど、挑戦の価値は大いにあるよ!だって、これに合格すれば就職進学なんかにはものすごく優位に立てるよ!


うわ〜スゴイ!!


じゃ、詳しく準2級の試験範囲と試験内容、試験概要の説明していくね。 料金は一般で5,000円、学生価格で2,500円 今まで同様、タイピングテストと選択式テストに実技テスト。ただ、準2級から前に話したプレゼンテーションソフト「PowerPoint」も加わるからね。実技テストもExcel、Word、PowerPointの3種類。 全70問で合格ラインは46問以上正解が合格。 タイピングは5分間で375文字以上。 そして、ワープロの選択時に「一太郎」を選択して、準2級に合格すると「一太郎検定1級合格基準」をクリアするからそれももらえちゃうんだ。
試験範囲は後で説明するとして、前回Pくんから質問があった「WAN」の事に触れておこうか。 「LAN」はローカル・エリア・ネットワークだったでしょ。 「WAN」はワイド・エリア・ネットワークの略。名前聞いただけでなんとなくわかった?


そのままの意味だと、広いエリアのネットワーク?


そう!そのまんまなんだ(笑)「LAN」は同じ建物内でのネットワーク。「WAN」は広域通信網って言って離れた場所のパソコン同士を繋いでデータのやり取りをすることなんだ。それだけ(笑)簡単でしょ?


インターネットだって離れた人とやり取りすることですよね?どこが違うの?


「LAN」は物理的に離れたコンピュータ同士を繋ぐんだ。例えば、東京と大阪の2台のパソコンを線で繋ぐって事。


ものすごい長いケーブルがないとダメじゃん!


今のは極端な例だけどね(笑)LANとWANの違い、わかったね?



パソコン検定試験(P検)準2級の試験範囲
@パソコン一般知識
  • 記憶媒体取扱いについて説明できる
  • 画像ファイルについて説明できる
  • データコードについて説明できる
  • 一般用語を説明できる
  • CPUについて説明できる
  • メモリについて説明できる
  • プリンタについて説明できる
  • 画像フォーマットについて説明できる
  • パソコン基礎用語を説明できる
OS(Windows XP、Windows Vistaから選択)
  • OSの基本操作ができる
  • ファイルの操作ができる
  • コントロールパネルでの環境設定ができる
  • 各種トラブルの対処ができる
  • プリンタについて説明できる
  • ディスクの管理について説明できる
BLAN
  • グループウェアとは何かを説明できる
  • サーバ/クライアントの機能を説明できる
  • LANの概念と必要機器、回線速度を説明できる
  • LANの構成要素を説明できる
  • ネットワーク資源の活用方法を説明できる
Cインターネット
  • ホームページの使い方を説明できる
  • 電子メールの概要を説明できる
  • 接続回線の種類と特長を説明できる
  • インターネットのデータ転送の用語を説明できる
  • ホームページの作成方法を説明できる
D情報モラルと情報セキュリティ
  • 情報モラルと情報セキュリティについて説明できる
  • インターネット利用時のマナーを説明できる
  • コンピュータウィルスの種類と対策を説明できる
  • 情報端末利用時のマナーと注意事項を説明できる
  • 情報に関する法令について説明できる
  • 情報の改ざん・破壊の危険性を説明できる
  • インターネットのセキュリティ対策の必要性と実施方法を説明できる
  • 個人情報やプライバシーの保護の重要性を説明できる
  • コンピュータ犯罪について理解している
Eワープロ(Word 2007、Word 2003・2002、一太郎 2008・2007・2006・2005から選択)
  • 文書を編集できる
  • 図を編集できる
  • 差込みできる
  • 文例を利用できる
  • 文書を管理できる
F表計算(Excel 2007、Excel 2003・2002から選択)
  • 関数を使用できる
  • 操作環境を設定できる
  • グラフを作成・編集できる
  • データベースを利用できる
  • リストを操作できる
  • 自動集計を設定できる
  • ワークシートを操作できる
GDTPR(PowerPoint 2007、PowerPoint 2003・2002から選択)
  • プレゼンテーションの特長と機能を理解している
  • 基本操作ができる
  • プレゼンテーションを操作できる
  • 図を操作できる
  • 保存できる
パソコン検定試験(P検)3級 ≫ パソコン検定試験(P検)準2級 ≫ パソコンスキルが勝手に上がる方法

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方