パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)準4級の出題範囲


@生活や産業の中における情報手段の果たす役割
  • 情報社会におけるルールやマナーを知っている
  • 情報化の進展が社会や生活に及ぼす影響や問題点を知り、適切に対応することができる
  • セキュリティの必要性を知っている
Aコンピュータの基本的な構成と機能及び操作
  • コンピュータの特徴やしくみを知っている(ハードウェア)
  • コンピュータの基本的な操作(Windows)ができる
  • ソフトウェアの機能を知っている
Bコンピュータの利用
  • 文書処理ソフトウェア(Microsoft Word)の基本的な操作ができる
  • 表計算処理ソフトウェア(Microsoft Excel)の基本的な操作ができる
  • 目的に応じた色々なソフトウェアがあることやそのはたらきを知っている
  • 目的に応じた応用ソフトウェアの利用形態があることを知っている
C情報通信ネットワーク
  • ネットワーク、インターネットとは何かを知っている
  • インターネットを利用して情報収集などをすることができる
  • 電子メールのしくみを知り、基本的な操作ができる
選択式テストは57問中、35問以上に正解で合格。制限時間は40分。

どう?この試験内容を見て出来そうな感じがする?パソコンを使い初めて、初めて知る必要なマナーや知識、パソコンの基礎的な用語、メールの使い方などを理解しているというレベルだからここから勉強し始めたら?


楽勝だよ!


えっ!?さっき負けてるかもって…結構パソコン出来るの?


ひっみっつっ!


パソコン検定試験(P検)準4級 ≫ パソコン検定試験(P検)準4級の出題範囲 ≫ パソコン検定試験(P検)4級

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方