パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)準4級


準4級はパソコンの基礎を測るテストと言ったところかな?レベルとしては中学生で技術分野「情報とコンピュータ」で学ぶICTスキルの基本レベル。今じゃ中学でパソコン検定試験(P検)準4級レベルを勉強してるってことだよね!


じゃー今の子供はみんなパソコン検定試験(P検)準4級以上の知識があるんだ!私…負けてるかも…


ここがスタート地点であって、勝ち負けは関係ないよ! 準4級からは5級と違ってちゃんとした試験になるから詳しく説明するね。 まず試験方法がPASS認定校で受験するとCBT方式って言って実際にパソコンを操作して試験を受けるんだ。中学・高校団体受験ではペーパー試験方式(マークシート)なんだけどね。 料金が一般:2,500円 学校価格:2,000円


ねぇねぇ、前に聞きそびれたんですけど、その「学校価格」って何?学割みたいなの?


PASS認定校で試験を受けると一般料金で受験なんだけど、学校などでもパソコン検定試験(P検)受験ができるんだ。そうすると、学生を対象に学生料金が適用されるの。


学割みたいなもんじゃん!


たしかにそんな感じだね(笑)そして試験の出題形式が、選択式テスト。問題に対して4択の中から一つ選ぶ形。


選択問題なんだ!わからなくても勘で答えられますね!


まー…ね(笑)ちゃんとわかるまで勉強してから試験は受けなきゃだめだよ(汗) 詳しい出題範囲は次を見てね。


パソコン検定試験(P検)5級 ≫ パソコン検定試験(P検)準4級 ≫ パソコン検定試験(P検)準4級の出題範囲

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方