パソコン検定試験(P検)

パソコン検定試験(P検)とは?


そもそも「パソコン検定試験(P検)」ってなんなの?


まずそこから説明しなきゃね!
「パソコン検定試験(P検)」って言うのは、パソコン検定協会が実施しているパソコン初中級者を対象にしたパソコンの利用技能を測る試験なんだよ。


初中級者?じゃあ、パソコンを知らない私でも合格できるのかしら?


もちろんさ!
パソコン検定試験(P検)は1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・準4級・5級の8種類が実施されてるから、まったくパソコンを知らない人でも簡単な5級からチャレンジしていけばいいんだよ!
それに、子供を対象にした「ジュニアパソコン検定試験(P検)」って言うのもあって、1級〜10級まであるから小さな子供でもチャレンジ出来ちゃうんだ!


子供用まであるんだ!なら私でも出来るね!


あれ…?子供だったの!?というか、歳いくつなの?


ひ・み・つっ(笑)


えっ?…(秘密にする意味がわかんない…)まーいいや。
話を戻して、ジュニアパソコン検定試験(P検)の1級を合格するとパソコン検定試験(P検)準4級の合格も認定されるんだ。
それに一般的に準4級の2個上、3級を合格すると「一人前」って評価されるんだ。


一人前!?なんかそそられる響きですね!


そうそう。
それに加えて3級を合格と同時に「資格試験監督資格」っていうのが付与されるんだよ!


資格試験監督資格?それって何ですか?


「資格試験監督資格」は次で説明するね。


パソコン検定試験(P検)とは? ≫ 資格試験監督資格とは

パソコン検定試験(P検)で目指せ仕事のできる女メニュー

内臓脂肪の減らし方